投稿日:

給料債権は給料差押のことです。

給料債権とは給料差押のことで、借金の返済が滞っている多重債務者などに、法律に基づいてその多重債務者の財産処分権を剥奪します。中でも債権者がかけてくるのがこの「給料差押」になります。給料差押をかけられると給料のすべてを差押されるのではなく、法によって差押さえることのできる範囲が決まっています。

給料収入から法定控除額を差し引いた残額が、44万円以下だと4分の1、44万円以上だと33万円を超えた額を差押えされます。給料差押の通知書は、会社にも債権者にも裁判所から送られてきます。この給料差押を終了させる手段としては、自己破産、特定調停、個人民事再生などです。

一番対抗できるのは、自己破産です。自己破産を申し立てをした場合、裁判所に対し強制執行手続き等の中止命令を申し立てることができます。破産法改定によって破産手続き開始決定後は個別の強制執行等が禁止されているため、給料差押については、債権名義が取られていないかぎりはほぼ阻止できます。

自己破産や債務整理が嫌なのであれば、親や親戚、会社にも頭を下げお金を貸してもらい、債権者に全額返済したら債権者は裁判所に取立完了手続きを踏んで、債務者からの給料差押は取り下げられ、裁判所から給料差押の取り下げ通知書が来たら、満了となります。

ニコスについての紹介

銀行系カードローン比較@即日融資という主旨でキャッシングを検討中の人にオススメしたいのがニコスです。ニコスというのは三菱東京UFJ銀行のグループ会社なので銀行系信販会社と言うことが出来ます。メガバンクのグループ企業なので安全性が高く初めてカードローンを利用するという人には最適なのではないでしょうか。

審査に通過する為には本人書類を提出し、さらには安定した収入があることや債務状況などで信用できる事を証明する必要がると言えます。カードローン、キャッシングが可能な会社は数多く存在しクレジットカード会社なども参加したことが業界は拡大しつつあると言えます。だからこそどの金融業者をしっかりと吟味して選ぶ必要がありますし、その為の情報を提供してくれている比較サイトが沢山あります。

大手消費者金融やメガバンク系のカードローンから中小消費者金融系のカードローンまで様々な角度から点数化されていたり、口コミなどが紹介されているので参考にするといいでしょう。

投稿日:

銀行ローンを利用する時には

カードローンを利用する時に何処の金融会社を利用するか迷うと思います。銀行ローンや信用金庫など様々な会社がカードローンを取り扱っており、中でも銀行ローンは比較的低金利なのと、使い道が自由なフリーローンや目的別のローンなど選択肢は広がります。銀行系ローンで例をあげると、三井住友銀行のカードローンなどは、店頭やインターネットなどで申し込む事ができます。

また、インターネットバンキングで申し込むと、限度額が300万以下であれば原則として書類不要であり(参考:銀行系カードローン比較@即日融資)、わざわざ店頭へ出向く事なく申し込みが出来るので面倒でなくて便利です。また、カードローンを利用する際に注目したいものが、付利単位というものです。付利単位とは、利息の付く金融商品の利息計算をする際の基準となる借り入れ残高の単位の事をいい、付利単位を100円とすると、100円未満には利息をつけないという感じになります。様々な会社が商品展開しているカードローンではありますが、きちんと調べてから利用する事が大事だと思います。

 

ATMで支払いをすること

支払いというよりは返済ということになりますが消費者金融などのところからの借金でも今はATMから返済ができるようになっています。そうした意味では非常に良いサービスになっているといえることでしょう。色々と問題がないわけではないですか基本的にはかなり有難いサービスです。

銀行系もかなりそうしたサービスに手を出すようになっていますから、銀行系はないかどうかを探すのもよいでしょう。先頭に立ってやっているところもありますから、そうしたところを上手く活用して資金繰りに役立てることです。中央銀行的にはそうした行為、金融サービスはそこまで銀行自体のサービスとする必要はない、と思っているのでしょうが実際問題として儲かる以上は仕方ないです。

ですから、多くのところがやってしまうわけです。それ自体は悪くないのですがあまりにもお金がかりやすすぎる状況というのはやはりあまり好ましい状況ではないでしょう。それは注意しておくことです。

 

 

 

三菱東京ufj銀行のカードローンは金利が安く即時発行可能

ちょっとしタイミングでまとまった資金が必要になることがあります。貯蓄が潤沢にある場合は特に困りませんが、給与水準が下がっている現代では貯蓄額が潤沢にない家庭のほうが多いのではないでしょうか。そんなとき、利用できるのがキャッシングです。消費者金融などでは、即日借入や家族などにわからないように郵送物を送らないなど広告を出しています。しかし、やはり金利が高いのがネックです。

そこで、最近注目されているのが銀行系カードローンです。最近ではカードローンについてブログを書いている人までいます。カードローンはしっかりと審査をした上で、利用限度額が設定されたカードを受け取ります。その利用限度額内であれば、好きなタイミングでお金の借り入れと返済ができます。

銀行系カードローンは金利が安いのが特徴としてありますが、一番選ばれているのが三菱東京ufj銀行のカードローンです。すでに、テレビCMなどでもおなじみになっていますが、銀行に設置されたテレビ窓口であれば、最短40分でカード発行が可能です。
何か物入りの際は、選択肢のひとつとして考えているのもよいでしょう。

投稿日:

100均で衝動買いをしたら、生活費が足りなくなり、キャッシングで補填しました

100円均一ショップに入り浸り、ついお金を使いはたしてしまいました。生活費を調達するため、消費者金融大手のプロミスから、お金を借りました。キャッシングサービスは、担保がいらず、とても使いやすいです。消費者金融は、銀行のカードローンに比べると、若干利率は高いですが、仕方ありません。いらない物は、早めに整理しましょう。

【体験者の情報】
性別:女
職業:会社員
年齢:24歳
借入額:10万円
借入先(業者):プロミス

▼100円均一
物事は、均一な方が好きです。均一に考えれば、優劣を付けずに済みます。ただ、グッズをコンプリートする時は、その分費用も必要です。10種類位ならともかく、36種類フルコンプとなると、5千円じゃ済みません。

お金があるだけで、満足感が得られる人は、とても幸せものです。昔から、符号ほど多くの富を求め、貧民は少しの富で満足出来ました。その歴史を考えると、私が陥ってしまった道は「餓鬼道」だと思います。

▼努力の大切さ
常に前を向いて、努力していれば、絶対に報われます。問題は、努力が見当違いの結果を生み出す可能性があることです。私の場合、「コンプリート熱」に冒されると、意地でも集めきりたくなります。ヤフオクなどを駆使して、1万円以上使った事もあります。

物事に対する努力は、「フィードバック」が大切です。私の場合、もっと早くに「集めた物リスト」を作成すべきでした。何を集めて、何を持っていないのか。その辺りに配慮が出来れば、こんな失敗は生まずに済んだはずです。1つのものをじっくりと探求する精神。これこそ、私に必要な意識だと思います。

▼品数が多すぎ
そもそも、興味本位で買い物してしまう私にとって、あの品数は驚異的です。片端から1つずつ手にとると、50品以上はあるでしょう。店ごと買い上げて、優先的に品卸ししてもらえたら、どんなにありがたいかと思います。

あの品数って、どうやってコントロールしているのでしょうか。コンピューターのデータベースシステムを用いて、複雑な計算をして、求めているのでしょうか。もしそうなら、10万点以上の品物のデータを管理していると思います。ハイテク社会とは言え、すごいことですよね。

▼財布が空っぽ
ある日、財布が空っぽになってしまいました。当然といえば当然ですが、空のお財布は、私の頭の中を暗示しているようでした。これまで、家計簿も何も付けずに浪費ばかりして、給料も全て散財していました。そのバチが当たったのでしょう。なお、使っている財布はシャネルです。銀座で彼氏に買ってもらいました。

空っぽの財布を見ていると、人生まで空っぽになった気がします。確かに、無計画の金を使ってしまったことは認めますが、それにしてもあんまりでしょう。若い人はお金に余裕が無いことくらい、誰だってよくご存知のはずです。ほんの少しくらい、夢を見たっていいと思います。

▼生活が苦しくて
苦しい生活を立て直すため、キャッシングに申し込みました。プロミスを利用した理由は、「その方がカッコイイから」です。他の会社に比べて、プロミスは格好いいイメージがあり、なんとなく使いたくなりました。

ホームページを案内を見て、メールアドレスを登録し、web明細に申し込みました。結果、30日間無利息で利用が出来ました。しかも、web契約を利用することで、無人機に足を運ぶ手間も省け、一石二鳥です。10万円は大金ですが、頑張って支払う決意を固めました。

結局、その時作った借金は、彼氏に肩代わりしてもらいました。これでも、半分は払ったんですよ。彼氏に、「え、お前借金してんの」って言われて、そうだと答えたら、「そのくらい払ってやるよ」と言われ、肩代わりしてもらいました。お財布がいると、本当に生活が楽です。

▼見栄っ張りはNG
物はできるだけ減らして、シンプルな生活を心がけましょう。私は、いらないものを処分して、自分の生活の立て直しを図りました。結果、3ヶ月で借金を返済でき、部屋もスッキリしました。掃除する習慣も付いて、一石三鳥です。「天は自ら助くる者を助く」の精神は、健在だと思います。

投稿日:

高額なインプラントのためにキャッシング

小学生のころからサッカー少年で、高校までサッカーを続けていました。社会人になるとフットサルサークルに入ったのですが、試合中のアクシデントで前歯を折ってしまったのです。差し歯を作ったのですが、どうしても違和感があります。そこでキャッシングをしてインプラントをすることにしました。

【体験者の情報】
性別:男性
職業:トラックドライバー
年齢:26歳
借入額:8万円
借入先(業者):モビット

■サッカーに熱中する少年時代
私は小さいころから身体を動かすことが大好きで、どんなスポーツも好きだったのですが特にサッカーに夢中になっていました。小学生、中学生、どちらもサッカー部に所属しており、どちらでもキャプテンを任されました。特に強いサッカー部では無かったのですが、市内大会での私のプレイが評価されたようで、市内でもトップクラスのサッカー部のある高校にスポーツ推薦入学したのです。非常にレベルの高いサッカー部だったので、地域で実力のある選手が集まっているため、レギュラーになることは非常に困難でした。私も朝から晩までサッカーの練習をしていたのですが、ほとんど試合に出られずに3年間を終えました。中にはサッカー推薦で大学へ進学した部員もいましたが、私にはそれだけの実力が無かったためサッカーを諦めて就職することにしたのです。

■社会人になってフットサルに誘われる
社会人になるとサッカーをプレイすることは無くなってしまいましたが、サッカー自体は大好きだったのでJリーグや代表戦などは欠かさずチェックをしていました。もちろんサッカーをプレイしたいという気持ちはあったのですが、高校時代に足首を痛めたこともあって、プレイから遠ざかっていました。しかし、これまでサッカー漬けの人生だったので、社会人になってから数年で再びサッカー熱が起こったのです。あるとき、高校時代のサッカー部の仲間と飲んでいると、誰もがサッカーから離れた生活をしていました。しかし、当時の思い出話をしていると、「みんなでもう一度サッカーをしよう」ということになったのです。さすがにサッカーをするだけのメンバーが集まらないので、少人数でもできるフットサルチームを結成したのです。

■フットサルの試合中にアクシデントが発生
それからしばらくして、久しぶりにメンバーで集まって身体を動かしました。社会人になってから運動らしい運動をしていなかったため身体のキレはイマイチでしたが、久しぶりにスポーツをしたことでストレス発散になりました。しかし、私としては当時のようにキレのあるプレイがしたいのです。そこで、私は早起きをして早朝にジョギングをすることにしたのです。最初のうちはすぐに息切れをしてしまいましたが、徐々に身体が動くようになります。さらに、フットサルのメンバーと練習を繰り返して、ついに別の社会人フットサルチームと練習試合をすることになったのです。試合は久しぶりだったので緊張していましたが、すぐに楽しくなりました。しかし、試合中に転倒をしてしまったのです。その転び方がまずかったようで、前歯を折ってしまったのです。

■キャッシングでインプラント
幸いなことに大事には至らず、近所の歯医者で差し歯を作ってもらいました。しばらく差し歯で生活をしていたのですが、どうも違和感があります。さらに、差し歯の部分だけほかの歯と色が違うので目立ってしまいます。そこで私はインプラントをすることにしました。しかし、インプラントは高額です。仕方無く消費者金融でキャッシングをしたのです。カードローンに抵抗はありましたが、インプラントのお陰で違和感は一切ありません。

投稿日:

この世の神秘を探求するため、消費者金に資金援助してもらいました

あなたは、UFOを見たことがあるでしょうか。私はあります。あの未確認飛行物体には宇宙人が乗っていて、地球を監視しているに違いありません。子供の頃から念願だった、アメリカのとあるスポットに出かけるため、知り合いに資金援助をお願いしました。すると、黙って消費者金融のパンフレットを手渡されました。不本意ながら、キャッシングサービスを申し込み、旅支度を調えました。未知との遭遇のため、神に祈りを捧げ、旅立ちました。

【体験者の情報】
性別:男
職業:自営業
年齢:28歳
借入額:10万円
借入先(業者):ノーローン

▼SFファン
子供の頃、家に置いてあったSF雑誌を見て、未来や宇宙に興味を持ちました。私の兄が「スターウォーズ」ファンで、私がダース・モール、彼がオビ=ワン・ケノービでした。やられる時のセリフは「や~ら~れ~た~」です。

現在は、インターネットが発達しており、少し知恵を働かせれば、SF愛好者とコミュニケーションを取れます。もう少し未来になれば、いつでもどこでもネットに接続できる時代が来ると思います。ある意味、ディストピアかも知れませんが、その時はその時です。

▼アメリカ渡航
アメリカのとあるエリアには、UFO製造の噂があります。周囲には鉄条網が張り巡らされ、米軍兵士が警備にあたっています。真偽の程は不明ですが、怪しい施設です。

個人的には、秘密を公開するアメリカが、どうして長年この施設を秘匿しているのか、よく分かりません。最新のネットニュースでは、正式な否定見解が出ていたと思いますが、それは気のせいだったのでしょうか。

SFは、アメリカでとても人気がある分野です。メキシコに飛来するUFOの映像を観察するため、多くのアメリカ人が、メキシコに旅行されます。NASAはアメリカが誇る宇宙研究機関です。まさに、夢の世界が広がっていると思います。

▼カードローンで資金集め
普段ネットで稼いでいるので、それほど資金には困りませんでした。しかし、向こうで観光を楽しみたいと思い、友人から余剰資金を借りようと思いました。

彼は私の事をよく知っており、金を貸す代わりに、「ノーローン」という会社の案内を手渡しました。その足で無人契約機に入り、借り入れを申し込みました。こういう借り方をすると、多くの方に白い目で見られますので、ここだけの秘密です。

▼目的の再確認
私は、だんだんアメリカ旅行そのものが楽しみになってきました。グランド・キャニオンやリンカーン記念館、シカゴなど、色々なスポットを巡るプランを立てていました。SFも悪くないのですが、旅行も楽しみたいと思います。

私はまだ若いですが、いつどこで倒れるか分かりません。宇宙人が私をキャトルミューティレーションして、解剖するかもしれません。懐に遺書を忍ばせ、準備を整えました。こうしないと、身分確認が出来ないと思いました。

▼出発
出発の朝、現金を財布に入れ、パスポートなどを確認しました。当分彼女を作る気はありませんが、向こうでいい出会いがあれば最高です。アメリカ人女性はグラマラスなので、モテないか心配です。

アメリカは自由の国です。きっと、私のような変わり者も受け入れてもらえるでしょう。もし警察に職務質問されたら、「UFO愛好会の会員」と答えます。きっと、笑って認めてくれるでしょう。語学力があれば、たいていのピンチは乗り越えられると思います。